人体の貼り直し

当社で使用している人体(トルソー)は一般に売られているものとは違いそのブランドに合ったものを使用しております。
その為一体が大変高価でなかなか買い直すことが出来ません。
各工程でも使用していますが、仕上げ検査場でもこれを使い製品の出来栄えを繰り返し見たり、時には針を打ったりで疲れ果てた状態に。
そこで、みんなで貼り直しに挑戦!人体を知り、服を知る これも勉強!
まずはボロボロになった生地と綿を全て剥がし、中の型がヒビ割れている部分もあったので直しました。
そこにシーチングで立体裁断していきます。
IMGP7004

完成するのが楽しみですね。

3時間後・・・
なんとこんなに早くできるとは思ってみませんでした!!
みんなの技術と知識をもってしたら、はじめての試みもこんなにもうまくいくもんでしょうか!
IMGP7009
最後の脇を纏っているところ
熟練した技術がいかされています。

IMGP7007

元はこんな状態のものが、これほどまでにきれいなものが出来ました。
まだ最後の締めくくりが出来ていませんが、これはもう新品同様と言っても過言ではありません。
ほんとみなさんのおかげです。改めてもの作りを愛する人たちのパワーを実感しました。
そしてみんな1つのモノを作り上げた達成感に満足していました。

One Response to “人体の貼り直し”

  1. blogfan より:

    素晴らしい、技術ですね。
    驚きました。物を作る仕事をされている方たちは、
    物を大事に取り扱われるうえ、維持・修復までなさるのですね。
    見習いたいと思います。

Leave a Reply