ミシンショー

先日ミシンショーへ行ってきました。

各メーカー色々なアイデアでミシンや自動機、裁断機、アイロン台など出展されていました。 目を引いたのが「プロジェクター電子型紙システム」 市販のパソコンに専用ソフトをインストールし読み込んだ型紙データをQRコード(2次元バーコード)でピッとするだけ。上に設置したプロジェクターからテーブルに型紙を映し出しそれに合わせて、目打ちや印付け、カットゲージとして使えるので各工程にある型紙がいらない、探す手間が無いというものです。

2010-05-21 2010-05-21 プロジェクター電子型紙システム

型紙は、まず切り出す手間と時間がかかり当然紙代もかかるうえ、増えると場所を取るし捜すのに一苦労するなど無くして出来るものなら無くしたいというものなので、使い方次第では効率的な商品だとおもいました。 次々と進化するこういった商品をいかに工場にあった使い方ができるか(費用対効果)がポイントだと思いました。

↓こちらは今年の2月に開催された大阪ミシンショー↓ 当社の若手!松本さん(左)と大西さん(右)

2010,02,20大阪ミシンショー
「古き良き」も良いけれど、特に電子関係は日々発展しています。 便利、正確、スピーディー、小型軽量化していきさらには本体価格も維持費も安くなってきています。 それでもひとつひとつは大変高価ですぐには手は出せませんが、この発展の過程を見ていくことが必要だと思います。

Leave a Reply